割れたガラスで怪我が多発!安全にガラス交換をする方法 割れたガラスで怪我が多発!安全にガラス交換をする方法

割れたガラスの危険性とガラス屋で相談して交換をすることの必要性

プロのガラス屋でも怪我をする~ガラス交換の難しさとは~

ガラス交換は簡単なように思えて難しく、プロのガラス屋でも怪我するケースがあります。怪我防止の方法や注意点を見てみましょう。

ガラスはガラス屋に任せるのが安心

男性

地震や強風、うっかり重いものをぶつけたなど、住まいの窓ガラスが割れるシーンは多々あります。代わりのガラスを用意しようとしてもホームセンターなどには売っていないので、手に入れるだけで大変です。何らかのルートから材料を調達できたとしてもぴったりのサイズにカットするのが大変で、被害を拡大させる恐れがあります。破片が傷口から入るとなかなかとれず中に残ってしまうリスクもあって危ないので、ガラス屋に相談すると安心です。

破損時の状況に応じて対処法を考える

大きなガラスの一部が破損した場合
割れたガラスの上を段ボールなどでカバーして、ガムテープで軽めに補強します。近くに破片が飛び散っていることも多いので、スリッパを履いて作業します。素手で触って怪我したら大変なので、厚手の軍手も使いましょう。
雨天や台風時
大きなレジャーシートなど水に強い素材のカバーで割れたガラス全体を覆って、雨をしのげる処置をします。風で破片が飛び散ると怪我するため、子供が近寄らないように配慮してなるべく早くガラス屋に連絡しましょう。
ヒビや一部割れかけがある場合
ヒビが入って一部が欠けた状態いつ割れるか分からないので、あえて全体を割ることで使えない状態にするのも一案です。窓ガラスなら長い柄がついたほうきでたたいて外側に落とす、など、安全な対応を考えましょう。

被害を最小限に留める

応急処置はガラスが飛び散らないようにして二次被害を防止する手段に過ぎず、根本的な解決にはなりません。365日24時間営業で対応をお願いできるガラス屋に問い合わせして、修理や交換対応をお願いしましょう。

ガラス破損で怪我をしてしまった人の体験談

素人が行なう対応はいかに危険か理解するため、ガラスの破片で怪我した方の被害事例や体験談を見てみましょう。

被害事例を見る

台風による破損で怪我をしてしまいました(30代/男性)

先日の強い台風で窓ガラスが大きく割れて、飛び散った破片を何とかしようとしていたところ、指を軽く怪我しました。簡単な切り傷だったので大事に至らなかったのですが、とてもこわかったのを覚えています。風がおさまってからすぐガラス屋さんに対応してもらいましたが、素手で触るのは危険ですね。良い教訓になりました。

自分で直そうとして手を怪我してしまいました(30代/男性)

ガラス屋さんに頼むと高いイメージがあったので自分で交換しようと作業していたところ、怪我しました。結局ガラス屋さんにお願いしましたが、おまかせで終わって安心でした。ヒビが入ったところがきれいに直って、新品の窓のようです。心配したほどお値段も高くはつかず、最初から相談すれば良かったと軽く後悔しています。

TOPボタン