割れたガラスで怪我が多発!安全にガラス交換をする方法 割れたガラスで怪我が多発!安全にガラス交換をする方法

ガラス交換をするなら割れる前に行なうのが効果的

破損の恐れがあるガラスも併せて交換しよう

ガラス交換を考えるなら、破損リスクが高いところを優先します。交換サインとしてどんなところに注目すればいいのか見ていきます。

ガラスの細かい傷には要注意

割れたガラス

ガラスの表面をよく見ると、無数の傷が見つかります。すぐにどうにかなるものではありませんが、強度には影響します。だんだん傷が大きくなってヒビが入り、重大なトラブルに発展するリスクを考えましょう。傷口が浅いうちに対処すれば大事になりにくいのは、怪我や病気と同じです。定期的にガラス屋にメンテナンスを依頼して、事故防止に努めましょう。

ガラス屋からのアドバイス

住宅の環境に応じて適したガラスは異なります(ガラス屋)

一口にガラスと言っても住環境に応じてぴったりの素材は変わってくるため、ガラス屋に相談ください。小さなお子様がいるご家庭なら、怪我防止に役立つガラスがいいでしょう。破片が飛び散るリスクが低くなるため、ご両親も安心です。細かなダメージを見つけたら交換を考えるタイミングで、早めに対処しないと傷口が広がります。ガラス屋に相談すればお住まいに合わせたプランの提案を受けられるため、まず問い合わせをしてみましょう。

防災ガラスに関するQ&A

防災ガラスについてよく聞かれる質問と回答をまとめました。ガラスの交換を考えているなら、目を通しておきましょう。

防災ガラスについて気になる彼是

破損時のガラス片はどのように飛散しますか?
サイコロ状にヒビが入って角が出来ないように割れるため鋭く尖った箇所が出来にくく、狭い範囲だけに飛び散ります。フロート板ガラスを650℃から700℃くらいまでに加熱した後、急冷することで固める独自製法が理由です。
ガラスフィルムと防災ガラスはどっちがお得ですか?
一時的なメンテナンスとして考えるならガラスフィルムが手軽ですが、ガラス屋による定期点検や張り替えが必要です。長い目で見たコストは防災ガラス優勢となる可能性が高く、住まいの寿命と合わせて考えましょう。

安心して生活を送るために

ガラスの怪我が大惨事につながるリスクもあり、安全管理対策が必要です。安心して生活できる住環境を整えるためにも、メンテナンスを考えてみましょう。

TOPボタン